shining segtree

競技プログラミングとかについて書きます。

AOJ1275/And Then There Was One

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=1275

 

queueを使う練習です。

 

mから始まり、nの次に0になって、m-1で終わる数列に対して

 

最初の一回目と、それ以降k回毎に要素を取り除きます。

 

それ以外の時は取り除いた要素をqueueの末尾に追加します。

 

これを要素数が1になるまで繰り返すだけ。

 

queueの操作は、先頭を参照がqueue.front(),

 

先頭を削除がqueue.pop()です。先頭とは、queueの中で

 

一番古くに追加された要素を指します。

 

AOJ